1. カリウムサプリ
  2. むくみ
  3. ≫適度なカリウム摂取で、夏バテ予防に効果大

適度なカリウム摂取で、夏バテ予防に効果大

気候が良くなると、アウトドアやスポーツを楽しむ人も多くなります。

冬場はついつい部屋の中でじっとしがちですから、すっかり運動不足になってしまった人も、これからは適度に身体を動かしていい汗をかいていきたいところですが、その反面、気候が良くなればそれだけ外気の気温もぐっと高くなる季節、今度は紫外線や熱中症などの心配が多くなります。

年々各地で最高気温が高くなる今、毎年の暑さに負けない為にも必要な栄養をしっかりと摂り、夏バテしない健康な身体づくりをしていきたいものです。

1年の中で5月は紫外線が最も強いといわれていますが、梅雨に入る前の清々しい季節である為、各地で運動会や初夏の恒例行事などが行われています。

しかし必ずと言っていいほど熱中症などの症状を訴える人も多く、小さなお子様や高齢者の方々、生活習慣病などの持病をお持ちの方々などは特に注意が必要です。

そこで知っておきたいのが「カリウム」という成分の働きです。

カリウムというのは、私たちの体の中にも存在する成分であり、体重の約0.2%程度を占めているといわれ、神経の興奮や筋肉の収縮などに関わる重要な必須ミネラルになります。

また同じミネラルであるナトリウムと共に細胞内液の浸透圧を調整するというように、生命の維持をつかさどる働きの中でも特に重要な役割を担っています。

さらに主要な電解質の1つともいわれているように体内の電解質を正常に保ち、筋肉と血圧をしっかりとコントロールする働きをする為、高血圧の予防効果としても高い成果が期待されており、適度な摂取が望まれている成分なのです。

そんなカリウムが夏バテに効果が期待出来る事をご存知でしょうか。

夏場は暑さの為に汗を沢山かきますが、その時体の中では水分と一緒にナトリウムやカリウムといったミネラルも多く排出してしまいます。

ナトリウムには胃腸の働きを促すといった効果がありますが、近年はジャンクフードや加工食品などに多く含まれる塩分である為、ついつい摂りすぎてしまう傾向にあるといえます。

ナトリウムの量が過剰になりすぎると私たちの身体には様々な影響を及ぼす為、その量を調節してくれる作用のあるカリウムを積極的に摂る事で、2つの相互作用によって正常な機能の働きを促す事が出来るのです。

そんなカリウムは腎臓でコントロールされており、不要になった老廃物を排泄させる効果があるのですが、不足してしまうとその効果が得られないばかりか、身体は不要なものをどんどん溜め込みやすくなり、結果としてむくみや疲労成分で筋肉の脱力状態を招いてしまうなどの恐れがあります。

更に腸内の環境も悪くなる為、便秘や食欲不振を招いたり身体の免疫機能も衰えるなど、だるさやめまいなども引き起こすなど、いわゆる夏バテの症状を引き起こしてしまうのです。

身体の弱い人や持病のある人などは、最悪の場合心臓の機能にも影響して死に至るなどの重篤な症状を引き起こす事も考えられる為、たかが夏バテと侮るのは大変危険といえるでしょう。

健康な人であれば、カリウムは多く摂取しても不要な分は尿として排出される傾向にある為あまり心配はいりませんが、腎臓に障害などがある場合などには高カリウム血症を引き起こす事もありますので、その場合には医師の指示により摂取量はきちんと制限する必要があるといえるでしょう。

このように特に腎臓の機能に心配がある場合を除いては、夏バテ予防に非常に効果の高いのがカリウムですから、暑くなる季節には適度な摂取を心がけると良いでしょう。