1. カリウムサプリ
  2. むくみ
  3. ≫正常なカリウム値と高カリウム血症・低カリウム血症の原因と症状

正常なカリウム値と高カリウム血症・低カリウム血症の原因と症状

正常なカリウム値は3.5mEq/Lから5.0mEq/Lです。

カリウム値が5.0mEq/Lよりも高ければ、高カリウム血症、カリウム値が3.5mEq/Lより低ければ、低カリウム血症と診断されます。

高カリウム血症

カリウム値が5.0mEq/Lよりも高くなった状態を、高カリウム血症といいます。

高カリウム血症の症状

高カリウム血症になると、

  • 舌の感覚が異常になる
  • 知覚過敏
  • 手足の麻痺
  • 筋力の低下
  • 悪心
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 不整脈

などの症状が現れます。

また、不整脈が原因で心停止や突然死になることもあり、非常に危険な状態です。

高カリウム血症の原因

高カリウム血症になる原因には、次のようなものがあります。

  • 偽性(ぎせい)高カリウム血症
  • 細胞内から血液中へのカリウムの移動
  • カリウム負荷
  • 腎臓からのカリウム排泄障害

偽性(ぎせい)高カリウム血症

採血時のトラブルです。採血した血液に、細胞内からカリウムが流入することでカリウム値が高くなります。血清カリウム値が血漿カリウム値より 0.4mmol/l 以. 上高い場合は、偽性高カリウム血症とされます。

細胞内から血液中へのカリウムの移動

カリウムは酸性に集まります。何らかの影響で血液の性質が酸性に傾いた場合、細胞内のカリウムが血液中へと移動してきます。

カリウム負荷

カリウムの摂り過ぎや、細胞が大量に破壊された時に起こります。

腎臓からのカリウム排泄障害

アルドステロン(ホルモン)が少なくなったときや、腎臓等が侵食された時に起こります。

高カリウム血症の治療方法

高カリウム血症となった原因を取り除きます。

食事制限でカリウムの量を減らし、イオン交換樹脂製剤などでカリウムの吸収を抑えます。

重度の高カリウム血症の場合、クルチコールや重曹を投与し、酸性に傾いた血液を正常値に戻します。

高カリウム血症は早めに治療を行う必要があります。

低カリウム血症

カリウム値が3.5mEq/Lより低くなった状態を、低カリウム血症といいます。

低カリウム血症の症状

低カリウム血症になると、

  • 脱力感
  • 筋力の低下
  • 悪心
  • 嘔吐
  • 便秘
  • 多尿、多飲
  • 手足の麻痺
  • 呼吸筋の麻痺
  • 不整脈
  • 腸閉塞

などの症状が現れます。

体内の水分調整がうまくできないため、足や顔のむくみもひどくなってきます。

低カリウム血症の原因

低カリウム血症になる原因には、次のようなものがあります。

  • カリウム不足
  • カリウムの排出が多い
  • 血液中から細胞内へのカリウムの移動

カリウム不足

食事などから摂取されるカリウムの量が少ないと、カリウム不足となります。

カリウムの排出が多い

摂取する量より排出するカリウムの量が多い場合も、低カリウム血症の原因となります。

下痢や嘔吐などでもカリウムが失われてしまいます。

血液中から細胞内へのカリウムの移動

カリウムは酸性に集まります。何らかの影響で血液の性質がアルカリ性に傾いた場合、血液中のカリウムが細胞中へと移動してきます。

血液の血糖値を下げる「インシュリン」が血液中に増えた場合も、血液中から細胞内へのカリウムの移動が起こります。

低カリウム血症の治療方法

低カリウム血症となった原因を取り除きます。

カリウムを多く含む食事を摂ります。カリウムサプリも効果的です。

重度の場合には点滴によるカリウム補充が施されます。

排出されるカリウムが多い場合は、尿からのカリウム排出を少なくする「スピロノラクトン」という薬が処方されます。

まとめ

カリウムは体にとって必要不可欠な成分ですが、摂り過ぎや少なすぎは体調不良の原因になります。

異常が見られた場合は、医師の診断を仰ぎましょう。

正常なカリウム値と高カリウム血症・低カリウム血症の原因と症状