1. カリウムサプリ
  2. むくみ
  3. ≫カリウム不足の悪影響とは?夏場のカリウム不足が深刻な理由

カリウム不足の悪影響とは?夏場のカリウム不足が深刻な理由

カリウムは、人体に欠かすことのできないミネラルの一種です。
カリウムは、高血圧の予防やむくみの改善に効果的で、そして、利尿作用があります。
お酒を召し上がる方は、飲んだ後や次の日にはカリウムが多い食品を採ることで、肝臓を助けてくれます。

お酒の後の次の日のむくみの改善や立ち仕事の多い職場では、足のむくみの悩みにも、カリウムが助けてくれます。

カリウムを摂りやすい食品

カリウムの摂りやすい、食品は、さつまいも、ひじき、ほうれん草や枝豆、スイカにメロンやバナナと言ったところでしょうが、カリウムはまだまだ多くの食品から、採ることが出来ます。

カリウムは、利尿作用があると言っても、加工食品やインスタント食品、カップラーメンやファーストフードなどのジャンクフードを食べた時に、摂りすぎた過剰な塩分を体外に排泄して、体内の水分バランスを整えてくれる役割をしてくれます。

カリウムは、尿の他にも汗としても多く、体内から出ていってしまうので、スポーツや仕事なので、多量に汗をかいてしまった場合は、スポーツドリンクや野菜ジュースなどで、ミネラル分を補給して下さい。

外食が多い方や、コンビニのお弁当で済ませてしまう機会が多い方は、カリウムを積極的に食生活に採り入れることをオススメします。

カリウム不足の悪影響

そして、カリウムは、体の中の老廃物を排出をしたり、筋肉の収縮を促す働きを担ったりと、人間の身体には欠かせない役割を果たしています。

カリウムが不足することで、脱力感や吐き気のほか、食欲不振などを引き起こすことがあります。逆に言えば、カリウムを上手く、体内に採り入れることにより、日々の生活がアクティブにパワフルになると言うことです。

また、カリウム不足は精神面では、無関心、不安感、イライラの要因になり、精神的に不安定になりやすくなると言う、結果もでています。

仕事や家事で少し疲れたときには、ホッと一息ついて、カリウムが多く含まれる、トマトジュースがオススメですが、お茶やコーヒーといった飲み物を飲んで、休んで下さい。

カリウムは筋肉にも影響を及ぼす

カリウムは筋肉にも影響を及ぼすことがあります。

細胞内のカリウムの70%は骨格筋の中にあります。
そして、カリウムは筋肉の収縮にも関わっている成分です。
カリウムが不足してしまうと、筋肉のけいれんや体が不整脈を起こしたりしてしまうこともあります。
また、あまりにもカリウム不足が深刻になると、呼吸困難になる可能性もあるので、スポーツや仕事の時などにとても注意が必要です。

夏バテによる、カリウム不足も心配です。

夏バテの原因は、カリウム不足のほか、脂肪をエネルギーに変換することを助けるビタミンB1の不足にもあります。

夏場は、どうしてもほかの季節と比べて汗をかきやすい季節です。
汗とともにナトリウムとカリウムが、体内から排出されてしまい、どうしても、カリウムが不足しやすくなります。

カリウムが不足することで、夏バテの特徴である、冒頭で話した通りに、暑さによる倦怠感や食欲不振に陥りやすいので、ミネラル分カリウムの栄養補給には気をつけて下さい。