1. カリウムサプリ
  2. むくみ
  3. ≫カリウムサプリの効果や効能、副作用は?

カリウムサプリの効果や効能、副作用は?

体が疲れやすい方やむくみが気になる方、高血圧の方に紹介したい栄養素があります。それは「カリウム」です。カリウムは聞いたことがある方が多いと思いますがではどのような栄養素なのかを紹介していきたいと思います。

【カリウムとは?】

カリウムとはナトリウムと共に細胞内の浸透圧を一定に保つことで高血圧を防ぐ働きなどがあります。つまり生命維持に欠かせない栄養素のひとつです。気を遣って摂取しようとしなくても多くの食品に含まれていますので、普通に食事をしていれば不足する心配はありません。しかし汗とともに奪われてしまいますので夏場はカリウムが失われやすくなっています。カリウムが不足することは夏バテの原因にもなるのです。カリウムはナトリウムと相互に働きますので過剰に摂取したナトリウムを体外へ排泄する作用もあります。日本人の現代の食生活は他の国に比べ、ナトリウムの摂取量が多いです。その為カリウムの摂取は重要と言われているのです。

【カリウムの効果や効能は?】

カリウムの効果・効能は主に、むくみの解消・利尿作用・高血圧予防や改善・筋肉の弛緩の調整・細胞神経への刺激の伝達などがあります。

カリウムはナトリウムと2:1の比率で、体内の水分濃度を保っています。このバランスが崩れてしまうことで血管内のナトリウム濃度を下げる原因につながり血液の量が増大することで血管の壁にかかる圧力が増え、結果的に血圧が高くなります。高血圧になることで血流が悪化してしまうと腎臓で尿として排泄されるはずの水分が血管周辺の細胞に溜まってしまいます。これが結果的にむくみの症状としてあらわれます。

このように高血圧の方やむくみが気になる方はカリウムが不足していると考えていいでしょう。

不足している訳ではないが摂取したほうがいい方は、汗をよくかく方や、インスタント食品や加工食品をよく食べる方です。カリウムは尿以外にも汗とともにも排出されますのでスポーツ後などの多量の汗をかいた場合はスポーツ飲料などでミネラルを補給することをオススメします。加工食品やインスタント食品やファーストフードなどには食塩が多く使われています。カリウムは摂りすぎてしまった塩分を体外へ排泄することで体内の水分バランスを調整しています。ですのでこのような食品をよく食べる方は積極的にカリウムを摂取するようにしましょう。

カリウムの推奨量・上限量は現在では定められていません。通常の食生活をしていれば、カリウムが足りないようなことにはなりませんが、嘔吐、下痢、緩下剤乱用、降圧利尿薬などにより、不足こともありますのでそのような症状が出た場合はカリウムを摂取するようにしましょう。

【カリウムを効率的に摂るには】

カリウムを多く含む食べ物として、ほうれん草・鯛・アボカド・さわら・バナナ・豆乳・納豆・ジャガイモ・焼き芋などがあります。カリウムは普段の食事で十分に摂取できます。しかし偏食や、野菜不足の日が続くようでしたら、多く含む食べ物を食べるようにするかサプリメントや栄養ドリンクで摂取するようにしましょう。カリウムは熱と水に弱いですので、調理によっては損失してしまい吸収率が低下します。ですので調理法には工夫が必要になります。加熱調理では30%近く損失されるとされています。煮物やスープといった食材と煮汁を一緒に摂れるメニューだと吸収率がアップします。難しい方はサプリメントをオススメします。必須ミネラルですので毎日継続的に摂取するようにしましょう。

【カリウムの副作用】

カリウムの副作用は特に心配はありませんが過剰に摂取してしまうと腎臓でカリウムが正常に排泄されなくなります。これにより高カリウム血症を引き起こす可能性があります。体内のカリウム濃度があがりすぎますと細胞の働きが低下し、腎不全や四肢の麻痺などになる可能性もありますので、摂取のしすぎには注意しましょう。妊娠中や腎臓病、糖尿病など病気療養中の方もカリウムの過剰摂取は注意が必要ですので必ず医師と相談するようにしてください。

まとめ

このようにカリウムは人間の身体に必須な栄養素となっています。継続的に摂取出来ない場合はカリウムのサプリメントを利用するなど健康な生活を送るためにも毎日しっかり摂取するようにしましょう。