1. カリウムサプリ
  2. むくみ
  3. ≫カリウムが不足するとどうなるかと予防法について

カリウムが不足するとどうなるかと予防法について

カリウムは大事な栄養素の一つですよね。カリウムが足らないと身体に様々な影響を及ぼす可能性があります。では、カリウムが足りない事で起こる弊害を紹介したいと思います。

●カリウム不足がひどい場合

命のかかわるような症状が出る可能性があるので、注意が必要です。例えば、心臓の調節機能にも関わるので重大なカリウム不足では不整脈などが起こります。具体的に言えば疲労感、身体に力が入らない、うまく消化できないなどの症状が出てきたら重症化している可能性があるので注意が必要です。

●カリウム不足になりやすい人

日本人はカリウムが少ない傾向にあるので積極的に摂る事が必要です。しかし、普通の食事を取っていると症状が出るほどの不足にはなりません。例えば、極度なダイエット、外食などで野菜をあまり食べない場合は不足している可能性があるので気をつけるようにしてください。

●カリウムをたくさん摂った方が良い人

アルコールの過剰摂取、甘いもの、コーヒーを良く摂る、慢性的なストレス、過剰な食事制限や偏食、大量の汗をかく、ホルモンバランスの乱れなどがある人は積極的にカリウムを摂るといいでしょう。上記でも言いましたが通常の生活をしていて、きちんとした食生活を行なっている場合はそこまで心配する必要はありません。また、1日に必要なカリウム摂取量は男女とも2g~4gと言われています。

●カリウムがたくさん入っている果物

主に果物にカリウムが含まれているといわれています。例えばバナナ、りんご、アボカド、キウイ、オレンジなどに含まれています。比較的身近にある果物が多いので積極的にとるようにしましょう。料理をするのが時間的に難しい人は朝ごはんに果物を付け足して摂取すると摂りやすいでしょう。手軽に食べられるバナナやリンゴなどを毎朝食べるようにする事をおすすめします。

●サプリからもおすすめ

仕事の関係でどうしてもバランスよく食べる事が出来ない人はサプリメントから摂取するという方法があります。カリウムはサプリメントでもたくさん販売されているので出来るだけ安全で評判の良いものから選んで摂取してください。サプリメントなら1日に何粒か飲むだけで良いのでいそがしくても誰でも簡単に摂る事が可能です。

このようにカリウムが不足したらどうなるかやカリウムを補う方法を紹介しました。急がしくてコンビニ弁当や外食ばかりで済ます人にとって野菜を中心とした栄養バランスのとれた食事をするのは難しいことが多いです。しかし、調理が必要のない果物やサプリメントなら手軽に摂る事が出来るので忙しい人におすすめです。カリウムが不足してしまうと様々な症状がおき重症化してしまうと大変なので普段からしっかりと摂り不足しないように心がける事が重要です。もし、カリウムが不足しているなと感じている人は上記などの方法でカリウムを摂って補いようにしてください。そして、体調を崩さないように健康に気を使ってくださいね。