1. カリウムサプリ
  2. むくみ
  3. ≫むくみ解消だけじゃない!カリウムの効果とは?

むくみ解消だけじゃない!カリウムの効果とは?

夏に向けてダイエットをしたい!でも、なかなか痩せないとお悩みの方もいらっしゃる事でしょう。
もしかしたら、むくみがその原因かもしれません。むくみを解消するのに効果を発揮する成分があります。それがカリウムです。今回はカリウムがなぜむくみに良いのか、他にどんな効果があるのか、カリウムを多く含む食材などについて紹介していきたいと思います。

カリウムとは?

カリウムは私たちの体の中に元々存在している成分です。主に細胞内液中に多くあって、細胞外液中のナトリウムとの濃度のバランスを取る事で、体が正常に機能しています。
塩分を摂取すると体内のナトリウム濃度が高くなりますが、カリウムは余分なナトリウムを外へ排出させる働きがあり、細胞内外の浸透圧バランスを保つことができます。ところが、食生活の乱れなどがあると(インスタント食品、加工食品などの食べすぎ)塩分が過剰になってしまいます。するとどうなるか?血液中のナトリウム濃度が高くなり、体は自然とそれを下げようとして水分が血管内へと移動していきます。水分により血液量が増えるという訳です。こうなると血管周辺の細胞内にも水が染み出し、水分が溜まります。これらの結果が体のむくみとして現れていきます。
以上の事から、カリウムは余分なナトリウムを排出し、細胞内に溜まった余分な水分も一緒に排出してくれるため、むくみに良いのがお分かりいただけたでしょうか?

先ほど、塩分を摂りすぎると血管内に水が移動し、血液量が増えると書きました。こうなるとむくみだけでなく、もう一つ体に良くない事があるのですが分かりますか?
・・・それは血圧が高くなるという事です。水がたくさん流れ込んだホースをイメージしていただくと分かりやすいかと思うのですが、水の量が増えるとホースはパンパンになりますよね。それと同じで血管壁には大きな圧力がかかります。これが高血圧の原因となるのです。高血圧の状態が続くと血管壁は傷つき、硬くなり、それが進行すると動脈硬化を経て、心筋梗塞や脳梗塞などの命に関わる病を引き起こす可能性があります。

カリウムを摂ることでむくみを解消するだけでなく高血圧を改善することも期待できるのです。

カリウムを多く含む食材は?

カリウムが体に重要な成分であることはお分かりいただけたと思います。では、どの様な食材を食べればよいのでしょうか?さっそく紹介していきましょう。

まずは野菜です。(100g中にどれくらいのカリウムが含まれるかを記載しています。)
カリウムが多い野菜は、ほうれん草690mg、サトイモ670mg、モロヘイヤ530mg、枝豆490mg、サツマイモ470mg、エリンギ460mg
じゃがいも410mg、かぼちゃ400mgなどがあります。

次に果物です。カリウムが多い物として
アボカド720mg、バナナ360mg、メロン340mg、キウイフルーツ290mg、アメリカンチェリー250mg、プルーン210mg、さくらんぼ210mgなどがあります。

ここで取り上げたのはごく一部です。バランス良く、たくさんの種類の食材を摂ることでカリウムを上手に摂取することが出来るでしょう。

まとめ

カリウムは私たちの体が正常に働く為に大事な成分です。ダイエットしたい方、むくみが気になる方だけでなく、血圧の高い方にも是非とって頂きたいです。
夏は汗を大量にかくため、カリウムも汗と一緒に流れてしまい不足しがちです。カリウムを含む食材は多岐に渡りますので、品数を多くバランスの良い食事をすることで上手くカリウムを摂取できると思います。丁度、夏が旬の枝豆なんて良いのではないでしょうか?ビールとの相性は抜群ですが、食べすぎ、飲みすぎには注意してください。(痛風の原因、プリン体の過剰摂取の問題が出てきてしまうので。)体に良いからと何事も摂りすぎは良くありません。難しいのですが、「ほどほど」というのが大事です。